楽しいツアーで感動したい

なばなの里に行くなら、関西発のバスで

三重県桑名市にあるなばなの里は、四季折々の美しい植物が楽しめる、花と緑の楽園です。

広々とした壮大な土地一面に咲く花は、圧巻です。毎年全国各地から、多くの観光客が足を運びます。

最近では、植物だけでなく、国内最大級のスケールと世界最高峰のクオリティで知られるイルミネーションが、大変人気です。特に200mの光のトンネルは感動的です。

浮世離れした光の国を体験でき、外国旅行者にも人気があります。そんな昼夜問わず、日本人独特の美意識を詰め込んだ、色彩や光彩を楽しむことができるなばなの里ですが、行く方法として関西発のバスがおすすめです。京都や大阪から頻繁にバスが出ています。

片道3時間ほどの道のりですが、家族や友達とおしゃべりしていたら、あっという間に着いてしまいます。帰路は疲れて寝てしまう人がほとんどですので、かなり短く感じるものです。なばなの里には、季節 の花に囲まれた露天風呂や天然温泉もあります。

ですので、歩き回った後の身体の疲れも、温泉でゆっくり癒すことができます。温泉で、せっかく疲れが取れたのに、自動車なら、またそこから運転して、帰らなければなりません。しかし、バスなら寝ることもできますし、なんと言っても楽です。

関西発のバスなら、本数も多いですし、都合のよい時間も選びやすいです。日帰りか宿泊つきのコースかを選べますので、大変便利です。大勢のグループで行くにしても、小人数の家族や仲良しグループで行くにしても、関西発のバスを利用すれば、楽に楽しく旅行ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です